オオモンハタ タックル&ルアー解説

オオモンハタを釣るためのタックル&ルアーを紹介します。

こちらのページはボートだけでなく陸ッパリでも役立つ情報と思いますので、オオモンハタを仕留めたい方は是非ともご一読ください。

まず理解していただきたいのは
オオモンハタが中層で餌を捕食する魚ということ。

初チャレンジの方は例外なく…
ベイト&テキサスのロック仕様できます(笑)
それでは乗り遅れますので注意!

釣果を出すためには…。

・スピニング

・ジグヘッド

・シャッド系ワーム

上記が三大要素となります。

 

【ロッド】
まずはシーバスロッドやエギングロッド等、
お手持ちのロッドでチャレンジすることをオススメします。ボートでは7〜8フィートが扱い易いですが、特に長さ制限はございません。陸ッパリでは9フィート以上あった方が良いでしょうね。ミディアムか、ミディアムヘビークラスのパワーがあると良いのですが、現状では僕もチニングロッドの76MLで頑張っています(笑)これでも最高55センチまでは獲りましたが、ロクマルを獲るのが先か、竿が折れるのが先か?はたまたZin-Bayモデルを作ってしまうか悩みドコロ。
結局のところ、ややバッドが長めの78Mか78MHクラスが使い易いと思いますので参考まで。

 

【リール】
ルビアス2508PEを使用しています。特に不満は無いですが、それは今のロッドにマッチしているからです。できれば3000番クラスで、セルテートのように頑丈なリールをオススメします。

 

【ライン】
メインはPEの1〜1.5号、飛距離が必要な釣りですので、その点では細い方が有利ですが、デカいのも居るので……飛距離に自信がある方は太くした方が良いでしょう。僕は『山田ヒロヒト監修』の8本撚りがとても扱い易いので使っています。ここは釣果に直結しますので、高品質のPEをオススメします。
リーダーはフロロ16〜20ポンドをFGノットで結束し、使用します。

 

【ジグヘッド】
20〜30グラムを用意してください。
フックの大きさはワームに合わせます。
僕はフラットジャンキージグヘッドSSを使用しています。オオモンハタは『追い食い』が多いので、刺さり重視のサクサスフックがオススメです。
マジで刺さりますよ〜!!

 

【ワーム】
4インチ、シャッド系、ホワイトが鉄板です!
僕はダックフィンシャッドを良く使っていますが、5インチでも難なく食ってきます。大物を仕留めたい方は5インチが良いでしょうね。その場合、ジグヘッドは28g#5を使用します。

 

【その他】
スナップを使用します。
フグ等エサ盗りが多い場合、1投毎にワームがボロボロなんてことも…。バイブレーションやテールスピンジグに替えると良いでしょう。また、青物が沸いたり、ヒラスズキが釣れるシーンがあるため、即座にルアー交換出来た方がストレス無くスムーズに対応できます。

以上が遊漁船Zin-Bay推奨のタックル&ルアーとなりますが、もちろんこれが強制というわけでは無いので、お好きなスタイルで楽しんでいただければと思います。たとえベイト&テキサスでも、ジギングロッドでも、アジングロッドでも延べ竿でも……

船長は優しく(?)見守りますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です